予実管理の効率化・高度化実践ブログ

経営企画にむけた業績管理業務向上のリアルなノウハウ

予算管理を効率化する手段とは?

予算管理 効率化


 

 

 

そもそも、予算管理にはどんな効率化
する手段がいまはあるのでしょうか。

有料、無料、関わらず
それぞれの選択肢やメリデメについて
記載します。

 


■予算管理を効率化する手段とは?


(1)エクセル集計をマクロ化する


会社としてのコストを増やさずに
行える手段がこれですね。


ただ昔はよくマクロをみかけましたが。


最近はスプレッドシートという
ほぼリアルタイムにデータ共有
できるツールもあるので。


マクロはあくまでエクセル集計を
行う手段の一例ですね。


デメリットは、いうても
個人ツールの合わせ技なので。

 

フォーム自体を抜本的に変えたり
するなどの高度化ステップへいく
手段ではないこと。

 

また予実分析の充実や
実績との突合などは
やはりアナログ作業が残って
しまうことですかね。

 


(2)アウトソースする

 

本来、業務の重要性が高い
管理会計を企業外にする発想は
昔の方からするとピンと来ない
かもしれませんが。


連結会計の一部や予算集約など、
集計業務自体にコアスキルが
求められない部分は徐々にですが
アウトソース(外注)化する
傾向が増えてきてます。

 

ただし、予算集計負荷が高いのは
成長企業や組織再編の多い企業で、
意外と定型業務になっていない
ことも多く。

 

特に管理会計のアウトソースは
そこまで世の中で浸透はしてないと
思います。

 

コンサル関連でそれ専門に受けてる
ところもありますが。

 

外注化した方が高いケースもあるので。

 

投資対効果をよく吟味しないと
いけない手段でもあるかな、と思います。

 


(3)予算管理をシステム化する

 

予算管理業務を人に頼るのではなく、
IT化する手段です。

 

予算を管理している経営企画の人は
意外と流動性があるため。

 

スキルアップしても数年経つと
違うことをしていることも多々あり。

 

いっそのことITにしてしまおう、
と考えた際の手段となります。

 

ただ、ここに関しても、
IT化の普及率はいまでもそこまで
高くないと思ってます。

 

一番の要因は、
人がなんとかできていることに関して
IT化しようとするとそれよりも
コストが高いか。

 

コストが低いIT手段ではやりたいこと
に必要な機能を持っていないか,

 

の現状2択だからかと思います。

 


■まとめ

 

というわけで、予算管理を効率化
したいというニーズはどこでも
ありますが。

 

それぞれの企業の状況において、
どの手段が良いかは、
投資対効果を計算し、
慎重に検討した方が良いのでは
ないかと思います。

 

尚、久しぶりに海外の管理会計ベンダーと
この前会話しても。

 

相変わらずグローバルでも
システム化はまだまだだと言っていた事から。

 

この傾向はしばらく続きそうですね。


バックナンバー>


売上予測の精度が上がると、ノルマは下がる

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記 イベント出来なそうです。。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以前、経企向けにイベントを行うと
伝えていたこちらですが↓


>経営企画向け飲み会を企画します!
https://www.budgetcontrol.jp/entry/2019/06/12/091307


近々の実施は難しそうな見通しです。
すみません。

理由としては、
現在外資の会社さんと
お仕事してるのですが。

そこのセキュリティポリシーが
アンビリーバブルに厳しく。

そちらとの取引が想定よりも
続きそうな見通しのため。

顔出しなど、表舞台に立つには
少々お時間が必要な状況だからです。


ただ、書こうと思って内容は
副業などが落ち着いてから
発信できればと思っております。


(次回:予算をドリルダウンしたい、という
    意味は何を指してますか?)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本日も閲覧いただきありがとうございました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


発行人: 
300社の業績管理仕組み化経験を持つ
小林基樹
https://www.budgetcontrol.jp/

 

 

Twitter
https://twitter.com/BCsuginami


facebook
https://www.facebook.com/suginamifreelance 


LINE
https://bit.ly/2DqusjF


メルマガ ★
https://www.mag2.com/m/0001684256.html


★メルマガは普段ブログや
 SNSで積極的に情報発信を
 していない方などにオススメです。