予実管理の効率化・高度化実践ブログ

業績管理の生産性を上げ、企業の成長を推進するリアルなノウハウ

年度予算とは

f:id:suginami_freelance:20180926080256j:plain



 

今日は用語の定義シリーズです。

 

理系出身あるあるだと思いますが、

議論をする前に使っている言葉の定義が

知りたい、という方も多いと思いますので、

定期的に記事化していきたいと思います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(1) 年度予算とは

(2) 年度予算策定のポイントと留意点

(3) その他tips

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

(1) 年度予算とは

 

年度予算は、各部門の業務計画を前提とした

業績目標達成のための数値計画であり、

常に実績と対比することで統制手段

として機能する。

 

仕入や製造は、販売量の予測に基づき、

販売量の予測は需要の予測に

基づいて策定される。

 

企業は各種の予測に基づいて、

事業活動の調整を図っていく必要があり、

予算は事業活動の調整の役割を

するものである。

 

 

(2) 年度予算策定のポイントと留意点

 

①売上高予算と販売費予算

 

販売計画が即ち売上高予算であり、

これに売上増加策などの計画を

反映しつつ販売費予算を編成します。

 

 

②製造費予算、購買予算、在庫予算

 

製造業の場合、

生産計画を受けて製造費変動予算

(材料費など)と製造費固定予算

(人件費など)に区分して

製造費予算を編成します。

ここには、要員計画や設備投資計画

も反映されることになります。

 

 

一般管理費予算

 

一般管理費は、経常的な要素が多く、

過年度傾向のみを参考に策定すると

年々増加する場合が多くなります。

したがって、総額枠を設定し部門毎に

割り当て、経費削減の計画を策定の

うえ予算を編成するなどの

対策も必要です。

 

 

営業外損益予算

 

資金調達・運用計画のほかに資産売却等

特別損益法人税等の金額も

計算して編成します。

 

⑤設備投資予算

 

設備投資金額の発生時期、

設備の稼働時期、減価償却

発生時期から予算を編成し、

資金予算と連動させます。

 

⑥資金予算

 

損益予算に貸借対照表の増減額を

加味し、資金の収入・支出を

予算に編成します。

 

 

(3) その他tips

 

予算対比資料の目的>

 

年度予算を月単位に展開して、

月次決算値との収益・費用、

資産・負債の対比による計画額との

差異を分析し、年間計画額からの

乖離の状況を把握します。

 

 

過去実績対比資料の目的>

 

前年同月実績との比較を行い、

経営成績の変化を分析し、

経営管理に役立てます。

 

業績報告の目的>

 

予算と実績を比較・分析した

報告資料により、

早期に経営の状況及び問題点を把握して、

対策の検討・実施を行い、経営管理

役立てるために実施します。

 

年間計画に影響する場合は、

対策の検討のほか、

計画の見直しを図る必要も出てきます。

 

 

 

(引用元:"経理・財務サービス

 スキルスタンダード")

 

年度予算という定義と構造の引用ですが、

今普及している言葉でわかりやすくいうと

「来期予算」ですね。

 

また

「なぜ昨年対比と比べる必要があるのか」

と聞かれると困りますので、

各帳票の目的があると参考になりますね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■編集後記 

コメント欄に

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

用語の定義について。

 

用語に関連のあるブログ記事のコメント欄に、

引用文章を発見次第今後はちょこちょこ

貼っていこうと思います。

 

試しに「予実管理とは」の末尾に

いくつかコメント貼っています。

bit.ly/2TBWf4L

 

用語のストックがたまれば

まとめてどこかで記事化するか

用語をまとめて参照しやすいページ

構成考えます。

 

(次回:予算管理とは)

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━
閲覧いただきありがとうございます
━━━━━━━━━━━━━━━━━


発行人: 
300社の業績管理仕組み化経験を持つ
小林基樹

https://bit.ly/2T2i64y

 


Twitter
⇒ https://bit.ly/2Cl4aNI


facebook
⇒ https://bit.ly/2EAx9iu


LINE
⇒ https://bit.ly/2DqusjF


メルマガ 
⇒ https://bit.ly/2SmNNFs

 

 

>人気ブログランキング