予実管理の効率化・高度化実践ブログ

経営企画にむけた業績管理業務向上のリアルなノウハウ

予算編成と月次の予実管理が連携しない理由

予算編成の時期ですね。 今日は時期のトレンドに合わせたテーマで、予算編成についてです。 予算編成でたてた予算の管理を、年間を通してきちんと効率的にできてるよ! という方にあまりお会いしたことがありません。 (まぁ、予算管理に困ってて問い合わせが…

予実管理はなかなかドリルダウンできない

予実管理をシステム化したいという方と会話していると皆さん、 「内訳をたどっていきたいんだよね (=ドリルダウンしたいんだよね)」 とおっしゃいます。 でも、意外と予実管理をドリルダウンできるツールって、きちんと比較してみるとあまり無いんですよ…

予算管理を効率化する手段とは?

そもそも、予算管理にはどんな効率化する手段がいまはあるのでしょうか。 有料、無料、関わらずそれぞれの選択肢やメリデメについて記載します。 ■予算管理を効率化する手段とは? (1)エクセル集計をマクロ化する 会社としてのコストを増やさずに行える手段…

売上予測の精度が上がると、ノルマは下がる

業績予測の精度が上がると、現場が稼ぐべき目標売上を下げることができます。 なぜなら、という結論からお伝えすると売上予測が読めないからマネージャーは「えいや」と数値を上乗せするからです。 この行為を人は“鉛筆を舐める”と呼びます。 実際に予算編成…

管理会計システムとBIを両方入れている企業はなぜそうしてる?

IT

管理会計を仕組み化しようとすると、昔入れたBI(Business Intelligence)ツールどうすんねん!と議論になります。 BIツールは「見える化」というキーワードで普及し、未だに億規模の費用をかけて導入している企業もいて、それに特化した会社もあるくらいです…

営業支援システムへ期待する内容で誤解が多い本当の理由

IT

営業支援システム(通称:SFA)の導入を検討していたり、または既に導入している会社さんでたまに見かけるのですが。 営業支援システムを導入する目的が 『売上予測の精度を上げる事』 という方いらっしゃるんですが。 実は営業支援システム(以下、SFA)を…

管理会計システムでニーズの多い選定ポイントを解説

IT

管理会計の提案をしているとお客さんから 「システムの選定ポイントとか 教えてくれない?」 と昔よく言われました。 というのも、お客さんはシステムに詳しいわけではないので、各社が色々な提案をしてくると比較が段々おっくうになってくるようです。 今日…

管理会計システムは昨対比が苦手

IT

管理会計システムの提案をしていて、打合せでよく質問されたのが 「昨対比ってどうやって管理します?」 という内容。 これ、結論からいうとシステム内での管理はなかなか難しいと思います。 管理会計システムで昨対比が苦手な理由 管理会計システムでは、組…

経営企画部で市場価値が高い人とは?

今日のコラムは経営企画部で市場価値が高い人とは?というテーマです。 実際に①エージェント②現役の成長企業経企に聞いてきました。 経営企画部で市場価値が高い人とは まず、結論から触れておきますと、数値管理だけでは市場価値は高まらなそうだ、という見…

ベンダー評価のフレームワーク入手方法

IT

システム提案のコンペを行うと、お客さん側も忙しいからかベンダーへの選定基準が曖昧だったり、場合によっては本人もこの観点で良いのか?と不安なまま選定を進めているケースも見られます。 そのままの状態で選定を進めると、各ベンダーがベンダー仕様のパ…

予算スラックの意外な使われ方

予算スラックを意図的に業績の調整役にしているケースがある事、知っていました? まずは、予算スラックの定義から。 予算スラックとは? 予算スラックとは、予算策定時に入れ込んだコストの過大計上分や売上の過少計上を指します。 ちなみに予算スラックと…

計画数値を細かく出さない事業部の気持ちとは?

売上予測をせっかく経営企画がロジック化することを支援してあげても、肝心の事業部がそのその数値を出さずに一年の運用をしてしまう、みたいな話はたまに聞きます。 (売上予測のロジック化例: 商談数×成約率×平均受注額の 案件角度別、など)) なぜそう…

経営企画向け飲み会を企画します!  経企イベントをするうえでのポイントも解説

最近ツイッターを見ていると、経企の方同士が企画したイベントが多くポジティブに見ております。 が、発信内容を見てると、 「もっと拡大できそうだなー」 と思う点があったので。 実際に経営企画部向けにマーケティングしていた経験も踏まえて記事にします…

連結システムで単体の予算編成が向かない理由

連結システムの中で、単体の予算編成を実装しようとすると恐らく運営が相当大変になります。 理由は運用負荷がシステムに乗せた方が高くなるからです。 仮にシステムにのせた場合、運用負荷が上がる具体例をあげていきます。 (1)マスタ管理が煩雑 連結シ…

スポーツジム費の控除対象理由と3つのキーワード

4/11の時事通信のニュースで、 「スポーツジム費、控除対象に =自民勉強会が提言 スポーツジムなどに通う費用を所得税の控除対象とするなど、個人や企業の「健康投資」を後押しするよう求めた」 という内容を目にしました。 これから話す事は国がどう思って…